LEGO スーパーマリオで遊ぶ

絶賛、LEGOにハマり中の娘と父である。

フレンズシリーズを購入することが多い娘に、なんでも作って良いパーツセットを与えてみる時期がきてるかなと思ったので、お店に見に行ったのだ。

LEGOにハマりながら同時にマリオパーティーにハマり中の娘は、お店に入るなり大はしゃぎだ。LEGO(ハマってる)+マリオ(ハマってる)がそこにいたのだ。

自分もレゴマリオの存在は前々から知っていた。しかし、ステージを作って遊ばせるだけだと思っていたので、興味を持てなかった。店内をうろうろしてるとショーケースの上にマリオとルイージのレゴが鎮座しているのだ。なんだこれ?と眺めていると店員さん(中国のかた)が近寄ってきて説明をしてくれた。

なんとこのマリオ!胸に液晶があることと、足でバーコードを読み取れるのだ。つまりステージを作成して、敵やレゴパーツにバーコードをつけるとTVゲームのように遊べるようになるのだ。

例えば赤色の上にマリオを置くと、液晶には火が表示される。つまり赤色レゴパーツは火。青は海。黄色ははてなボックスといった感じで、ゲームを進めることができる。

素晴らしい!ごっこ遊びには最適かも知れない。デュプロの大きいレゴからスタートして、最近は説明書を見ながら自分で作れるようになってきた娘にとってはステップアップの機会になるだろう。

土管にマリオを置くと、ヒ〜ウィゴー!と叫んで60秒のカウントダウンが始まる。もちろんいつものBGMもマリオから流れる。これは楽しい。

クリボーを踏むとコインが手に入る。はてなボックスはコインだったり、アイテムだったりする。欲張ってコインを何度もゲットしているとタイムアップでクリアできなくなる。娘は何よりクリアを優先するのでコインが取れなくても一直線でゴールを目指す。

回転ギミックでは、くるくる回すとコインが手に入る仕組みだ。急いで回すとマリオが落ちてしまうので慎重にゆっくりと。クッパJrを城から叩き出して倒す!そしてゴールへ!

娘と父でコイン競争をする。だんだんとギリギリまで時間を使ってコインを取る方法がわかってきたようだ。

マリオはしばらく放置していると眠気に襲われて、電源がオフになる。実にうまく作られている。

娘はステージを自分で作って、フレンズシリーズと合体させて遊んでいる。ごっこ遊びの延長だ。色々とキャラに喋らせながらストーリーを作ってステージをクリアするという高等処理をしている。

さて、このスターターセットを購入した時に、ついでにもう一つ大物をゲットしたのだ。それは、のりこめ! クッパのひこうせんかん チャレンジだ。飛行船が開閉するギミックがあり、家に飾るだけでも可愛いなぁって妻と話して決定した。未開封なので作ったらレポートしたい。