たのしいおうちじかん

コロナ罹患者が増加の一途をたどるなか、我が家はどこへも遊びに行かず、ひたすらおうち時間を過ごすのであった。

まずはギター。倉庫から眠っていたセミアコを取り出した。THR-Ⅱで鳴らすと気持ち良い音がする。ただし1時間くらい弾いていると、妻から「いいよなー自分は趣味ばっかりできて!」とチクチク言われるので、様子を見ながら遊んでいる。

次はSwitch。娘とマリオパーティーをする。運要素が大きいので、大人の力で勝たせる的なことが難しい。しかし、あーだこーだ言いながら遊ぶ。マリオパーティーをし始めると2時間くらいかかるので、次の日が休みの時だけのお楽しみだ。

そして散歩。寒すぎる中を娘と散歩する。1時間くらいだけでもずいぶんと心持が変わるように感じる。娘はストライダーか自転車に乗っていく。

我が家にはコタツがないのが玉に瑕だ。妻は絶対にコタツはいらないと言う。自分もそう考えていたのだが、おうち時間が長くなるとリビングで過ごすのが長くなる。どうしてもゴロゴロしたいと思うのが人間である。できればなるべくだらけたい。そのためにはコタツは必要悪だと思う。しかし、一度手に入れてしまうと脱出できず、生活も破綻…そうなる予感しかない。今年も見送ろう…。

庭でぷちキャンプ。これは寒すぎて無理だ。相当気合をいれてしないと無理だ。2月に入ってからはとてもじゃないができなくなった。一人でしても寂しいし、家族の「このくそ寒いのによ~やるわ~」の視線が冷たすぎて耐えられなかった。

そんなわけで楽しいおうち時間はどう過ごしているだろうか。ゲームはあっというまに時間を食っちまうので、なるべくしないように意識をしている。そしてなるべく家族でなにかをしよう!って感じで飽きないように過ごしている。

はやくコロナよ、落ち着いてくれ。