目を瞑っても残光

生真面目に在宅ワークを7時から開始した。まだ外も暗く、デスクライトだけでモニターを眺める。

ん…?見えにくいな…。ん…?フラッシュを見たような残光があるぞ…。光の輪っかが見える。眩しいものを見たときにはよくなる現象だ。でも、この輪っかは始めてた。輪郭がプリズムだ。おかしい。

ま、でもいつもは目を瞑っていれば消える。そう思って目を閉じるも一向に消えない。むしろそのプリズムの輪は大きくなっていく。

怖…。症状を検索しても文字が見えない。コンタクトを取るも症状は改善せず。娘の顔もかすんで?光って?まともに見えない。これはまずい。

早々に総合病院へ行くことにした。

まず眼科で検診をした。異常なし。続いて瞳を拡げる点眼を行ってから、再検査をする。これまた異常なし。網膜も大丈夫だし、視力も問題なし。ほっと一安心した。

眼科で異常がないってことで次は脳神経外科へ。初めてのMRI検査だ。以前に韓国でMRIで事故があった記事を読んでいたので内心ドッキドキだった。金属類を装備していないことを何度も確認して中へ。耳栓をしてヘッドホンみたいなのをする。鳥のさえずりが聞こえる。頭を固定され、体も固定されて、いよいよMRIの中へ。ゴウンゴウン…ゴゴゴゴゴ…ピーガー。耳栓してヘッドホンをしてこの音だから、相当大きな音なんだろう。30分ほどで終了。

脳を輪切りにして色々と検査をする。ドキドキだ。人間ドックでもMRIはしていなかったので、脳の異常が見つかるかも知れない。そんなことを考えながら結果が出るのを待つ。待っている間に読書をしていたのだが、よりによって持って行った本が『ボクには世界がこう見えていた』だったので、気分が滅入った。

さて、結果としては脳にも異常はなし。神経も血管もとても綺麗と言われて、また一安心。様子見をしてほしいと言われて5時間におよぶ診療が終了。

新年早々、病院へ行き、思いがけずに脳内の検査にいたった。異常が見つからず安心はしたが、もう年も年なので健康には気を付けて、おかしいと思ったらすぐ病院へGOしようと改めて思った。