あわいの力 「心の時代」の次を生きる  安田登
能や漢字や心や考え方に関する本。
人間は文字を持ったことによって、世界が拡がったが、それに付随して悩みも増えた。
文字があることで思考をすることができる。しかしそれに囚われる。
文字以前は動物的な感覚が何よりも前にでていた。それが引っ込む。

image

心とはいったい何なのか。柱となるのはこの問い。それに絡めて論が展開していく。
気づいていないことをたくさん気づかせてくれるこの本は素敵だ。

残り109冊。


総評★★★★☆
#2014年間120冊

〓いおり〓
| 年間120冊読書2014年度::思想 | 10:57 | comments (0) | trackback (x) |
青春を山に賭けて 植村 直己
登山は大嫌いだ。子供のころに親父に連れられて早朝から登山をさせられる。
山登りをしてから学校に行く。そんなこともあった。本当に嫌いだ。
山は登ったら降りないといけない。そのことを考えながら登ると気分が落ち込む。
頂上で食べるおにぎりは冷たくかたい。まったくおいしくない…。

image
それゆえか、自分が嫌いなことを頂点まで極める人の書いたものが読みたくなった。
とても読みやすい文章で書かれてある。情景をイメージがしやすい。
ひとつのことをトコトンまでするっていうのは、苦労を苦労と思わないってことかなぁ。

これを読んで、山登りに行こうって気持ちに

 な ら な か っ た。

残り110冊。

総評★★★★★
#2014年間120冊

〓いおり〓
| 年間120冊読書2014年度::その他 | 10:51 | comments (9) | trackback (x) |
小学校の国語 つまずきのポイントを一日で攻略  向山洋一

国語ってこんな風に子供に教えればよいのかー
と親が知っておいたほうが良いと言える本。

image

最近よく考えることは、国語の出題者に国語の力がなければ
子どもの国語力を正当に評価してやれないということ。
テストにおいて何の力を試そうとしているのか分からない問を出す教師には注意した方が良い。

保護者は国語のテストには目を通して確認をする。
他教科よりも問題の意図がわかりにくいはずだ。
そんな場合は先生に、その問が何の力を見ているのかを問うべきだ。

答えに窮するようでは、どこかの問題集から引用しているだけの可能性がある。


残り111冊

総評★★★☆☆
#2014年間120冊

〓いおり〓
| 年間120冊読書2014年度::國語 | 19:45 | comments (2) | trackback (x) |
緊褌一番
今の自分の状況を他人のせいにしたり、環境のせいにすると
ずっとその境遇から逃れられない。

つまり、その状況にあるのは自分のせいではないと言っているのと同じ。
自分は悪くない、他人が、環境が悪い。
そういって違う境遇に身をおいても、同じことを繰り返す、以前より状況が悪くなる。

なぜなら、その状況を作っているのは他でもない自分なのだから。
環境は自分そのもの。
自分が変わらなければ状況は変わらない。

いつまでも他人や環境のせいにして、罵詈雑言、醜い言葉を吐くのはやめたほうが良い。
この世は、渡したものは必ず還ってくるようになっている。
人を大事にした人は、かならず人から大事にされる。
マイナスの言葉を吐いた人は、かならずマイナスのことが還ってくる。


本心では醜いことを考えていても、それを吐き出すことなかれ。
形だけでもプラスのことをする。
まずは形から。

形が成せば、行為を先に成せば、心や気持ちは後からついてくる。
そんなもんや。

〓いおり〓
| 雑記 | 22:14 | comments (0) | trackback (x) |

(`ω´)↑△

  

いおり/ioringo/1979/KOBE
hatena(at)chiroha.com
ありがたいコメント
お気に入り
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
<<   02 - 2014   >>
RSSなど