学級担任の合唱コンクール指導 石川晋
2学期は体育会、文化祭、そして合唱コンクールがある。
学生のときから合唱コンクールが大嫌いだった。思春期特有の気恥ずかしさもある。
それ以上に、いおり君の声って特徴的で集団で歌っていても、あ、いるってわかるよねと言われるのがとても嫌だった。
集団に馴染まない声…。
それに合唱練習中に必ずもめる。生徒間での温度差。クラス間の温度差。曲の難易。伴奏の上手い下手。
これら様々な要素に加えて審査基準に曖昧さ。もうどれをとっても嫌だとしか言いようがない。

合唱コンクールは一時全国的に大いに盛り上がった時期があった。
今は衰退の一方だ。時勢にあわなくなってきている。合唱でクラスをまとめるということが困難なのだ。

ひとつには生徒の中で歌というものが集団から個人に移行している点。
ひとつは教師の指導力不足による、生徒指導の場面の増加という点。

それでもまだ全国的にも合唱コンクールは継続される。
それならばせめてまともな指導をしたほうが良い。自分のような生徒を減らそうじゃないか。

合唱コンクールは音楽の専門でない教師が、クラスで指導をして、まとめていくのが難しい。
専門的な知識がないままいかに進めるか。
計画を綿密にたてて、夏休み前から生徒に意識させ、合唱コンクールで優勝を目指すことを日常とできるか。
そのための準備を発表日から逆算して実行していく。

あぁ、なんてめんどくさいんだ。


しかしだ、ここまでがんばる必要はあるのだろうか?
答えは、ある、だ。
体育会、文化祭と2学期はクラスがひとつになる行事がある。しかし、合唱コンクール以降は行事がない。
つまりクラスを一つの目標に向かわせる最後の行事なのである。
ここで大コケすると、その後のクラス運営にもガタが生じやすい。
ここをうまいことやると、これ以降でも「あのとき、僕たちはがんばれたじゃないか、だからまだやれる!」と言える。
だから合唱コンクールに力を注ぐのは意味のあることなのだ。

130817 091
この本のおかげもあって、わがクラスは合唱コンクールで優勝をすることができた。
そう言っても過言ではない。その後のクラス運営で崩れそうになっても、崩れることはなかった。

そして優勝して改めて思ったことは、勝たないよりも勝つ方が絶対に良いということ。
1位と2位との差というものは大きく、深く、埋めがたいものだということも分かった。



残り58冊。


〓いおり〓
| :: | 20:07 | comments (3) | trackback (x) |
"ふくしま式200字メソッド"で「書く力」は驚くほど伸びる!  福嶋隆史
国語は積み重ねの教科だ。一朝一夕には学力がつかない。
国語は日本語なので勉強しなくてもある程度できると思い込んでいる人が大半なのは事実。
しかしこれが大きな間違い。文脈を正しく理解し、その文脈での言葉の意味を掴めないといけない。
そのために福嶋先生がまとめられたのが国語力の3本柱である。

言い換える
比べる
たどる

この3つが国語力(=論理的思考力)を作っていると言える。
詳しくは福嶋先生の著書を参考にしてほしい。
130817 089
今回の本は、どのようにしたら作文が書けるようになるのかを主題にしている。
真似ができて、効果があるものとして型がある。
この型を繰り返し練習し会得することで作文が書けるようになる。
130817 090
なぜ書かなきゃいけないのか。
ひとつ挙げるとするならば、読書によるInputだけでは貯めた言葉のストックを使いこなすことは無理だ。
自分が伝えたいことにバッチリ適合する言葉を自分の棚から選ぶ。そしてOutputとして書く。
これができたとき、人は生きていることを実感する。自分の身体感覚を言葉にできることこそが自己の表現の最高の場である。

読めないと書けないし、書けないと読めない。
つとめて書くようにすることこそが大事だ。もちろん毎日。



残り59冊。


〓いおり〓
| :: | 08:06 | comments (2) | trackback (x) |
世にも奇妙な「偶然の一致」の秘密  斉藤啓一
130706 034
よくコンビニで売っているこういう系の本が割と好きだ。
ついつい一冊買ってしまう。コンビニで働く友人に「誰がこんな本買うねんと思ったら、お前みたいなやつが買うねんな」と言われた。
存外、こういう本っていうのはおもしろく読めるんだけどなぁ。

この本で一番おもしろいのは引き寄せの法則だ。
自分が願うことは引き寄せられるというもの。強く思うほどそれは叶う。
願いは叶うと言うのは実感としてあるので、こういう言葉があることに感動した。

人間が認識できるのは3次元まで。これ以上の次元は認識できない。
それらの次元を想定したら、こういうことが起こっても不思議じゃないっていうことが書かれてある。
一冊読むとぐったりするが、これはこれでアリ。


残り60冊。


〓いおり〓
| :: | 20:05 | comments (0) | trackback (x) |
舟を編む 三浦しをん
ちょうどこの本を読むまでは物語の類いはほとんど読まなかった。
中身をぱらぱら繰ると、文字がぎゅうぎゅうに詰まっていない。
これなら割と短時間で読めそうだなぁ、読んでみようかなと思った。
もう一つは生徒がおすすめしてくれたから選んだ。同じ本を読むというのも良い経験になる。
130706 033
辞書を編纂していく過程が書かれている。
言葉の海を航海するなんて素敵な言い回しだ。
人物設定も感心したし、題材への目の付け所も興味深かった。
割とテンポよく話が進むのでのめりこんで読むことが出来た。
映画もあるのでそちらも観たい。

残り61冊。


〓いおり〓
| :: | 10:03 | comments (2) | trackback (x) |
シャアに学ぶ"逆境に克つ仕事術"  鈴木博毅
上司とはどうあるべきかという本。
さまざまなタイプの部下をいかに成長させ、自分とともに仕事ができる人間に育てるかが命題となっている。
主にダブルゼータのシャアを中心に解説がされてある。
ガンダムをそれほど知らなくても十分読める本だ。
130706 035
一読して思ったことは、キャラ設定ってしっかりできているんだぁということ。
ここまで考えられてアニメが作られているのならガンダムって改めて化け物だなと思う。

残り62冊。


〓いおり〓
| :: | 20:02 | comments (2) | trackback (x) |

(`ω´)↑△

  

いおり/ioringo/1979/KOBE
hatena(at)chiroha.com
ありがたいコメント
お気に入り
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   11 - 2013   >>
RSSなど