東京バラード、それから 谷川俊太郎
谷川俊太郎の詩は授業で時々扱う。
詩は本当に難解だ。小中学生で詩を理解できる生徒は限られている。
教師が詩の解釈を押し付けていると言ってもよい。
Evernote Camera Roll 20130330 233525
生徒はそれを聞いて「ソンナモンナノカー」と理解したふりをする。
詩の授業は分析的に行わなければ「ソンナモノナノカー」になる。
例えば数を問う、言葉の意味を理解する。
これができていないと到底内容なぞわかるわけがない。
詩を分析的に授業せずに、作者の思いなどとわけのわからんことを授業でする。
Evernote Camera Roll 20130330 233554
さてこの本は…暗い…とにかく暗い。
読んでいて憂鬱になる。それでもこういう言葉をつむげるのは素晴らしい。

残り74冊。

〓いおり〓

| :: | 18:57 | comments (0) | trackback (x) |

(`ω´)↑△

  

いおり/ioringo/1979/KOBE
hatena(at)chiroha.com
ありがたいコメント
お気に入り
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2013   >>
RSSなど