あわいの力 「心の時代」の次を生きる  安田登
能や漢字や心や考え方に関する本。
人間は文字を持ったことによって、世界が拡がったが、それに付随して悩みも増えた。
文字があることで思考をすることができる。しかしそれに囚われる。
文字以前は動物的な感覚が何よりも前にでていた。それが引っ込む。

image

心とはいったい何なのか。柱となるのはこの問い。それに絡めて論が展開していく。
気づいていないことをたくさん気づかせてくれるこの本は素敵だ。

残り109冊。


総評★★★★☆
#2014年間120冊

〓いおり〓
| 年間120冊読書2014年度::思想 | 10:57 | comments (0) | trackback (x) |
呪いの時代 内田樹
image

「努力しても報われない」という言葉をいったん口にすると、その言葉は自分自身に対する呪いとして活動し始める。
(略)
「だから、努力しても報われないのだ」という「説明」を自分に許してはならない。
あらゆる階層社会では、「この社会システムはアンフェアだから努力しても報われない」と思っている人々が社会下層を形成し、
「努力すればそれなりの成果があがる」と信じている人々が社会上層を形成する。必ず、そうなります。

つくづくこの言葉が身に染みてよく分かる。
どうせやっても無理やってと発することで、自分に呪いがかかる。
それでも勉強して、努力してやるんだという人だけが社会的に上昇する。
この慧眼にいつも感動するんだよなぁ。

残り116冊。



総評★★★★★
#2014年間120冊

〓いおり〓
| 年間120冊読書2014年度::思想 | 19:43 | comments (0) | trackback (x) |

(`ω´)↑△

  

いおり/ioringo/1979/KOBE
hatena(at)chiroha.com
ありがたいコメント
お気に入り
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   09 - 2017   >>
RSSなど